最新型車が安定期に入るまで



世界中の自動車メーカーが競って 高燃費車を作っています。
燃費を良くするために 一般的なエンジン車は (ハイブリットを除く)
少ない燃料で高出力を出すエンジンの開発
エンジンから出た出力を効率よく駆動させるミッションとファイナルの開発
車体の軽量化の開発
風の抵抗を極力減らす車体形状の開発

などがあるのですが、この新しく開発されたメカニズムは、各メーカーが耐久
力テストを繰り返し、改良を重ねて 新型車を創り上げていくのですが、では
新型車に異常が発生しないかと言うと現実には新型車には故障が付き物です。
 新型車を出すまでのテストで出る異常と、実際に発売されてから起きる
異常は 車が売れた台数だけ違う現象が現れる可能性があります。

 最近聞いた話の中でも、燃費向上のために開発された新型エンジンの故障
が相次いで、ある国では集団訴訟が起きているとのこと。

過去に日本のメーカーの中でも、新技術として出したエンジンが 数年で使わ
れなくなったケースもありました。

 新型エンジン 新型ミッション などを使った新車にはそれなりにリスクが
あると言うことなのです。
 新車を買って数年間はメーカークレームが利くと思いますが、突然車が動か
なくなるということは大きなリスクです。

 ですので 私がお勧めしたい車選びは、エンジンやミッションなどは新型が
乗っている車を選ばず、長く使われ、改良に改良を重ねて 熟成され安定期に
入ったメカニズムを使った車を選ぶことです。
 例えば BMWのシルキーシックスと言われている直6エンジン
 V6の方が軽い・・・と言われていますが、BMWは重たい直6を長く熟成させ
続けています。
 なので パワーがあるが壊れない メンテナンスがしやすい、と言う 車に
は重要な条件が揃っています。

 高燃費を車選びの条件にするのは大切なことですが、その車がメンテナンス
していながら壊れてしまうのは 保証があっても気分の良くないものです。

 新型 = 何が潜んでいるか未知の世界 と、アフターを行っている我が社
として思っている所です。
 車選びのワンポイントと思っていただけると嬉しいです。

"最新型車が安定期に入るまで" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント