2014年3月1日配信のニュースレター パーツのパルカ

マナーが良い35500人 by清水

35500人とは・・・それは先日2月23日に行われた東京マラソンの出場者数
です。
僕はマラソンを始めてまだ3年半ですが、倍率の高いマラソンですが応募して2
年目で抽選に当たったので、家内を連れて東京に金曜日から入り、日曜日のレ
ースに臨みました。
 ホテルを7時半に出て、ウォーミングアップがてら歩いてスタートの都庁に
向かい、先ず手荷物検査で可也待たされ、荷物を預けてスタートラインに着い
たら、スタートまで後15分。
 スタートはグループ分けされていて、後ろ側から入るのですが、今まで出場
した「千歳JAL国際マラソン」でも「北海道マラソン」でも 兎に角前に前に
行こうと押し合ったり、横は入りしたりと言う光景が当たり前でした。
 しかし、昨年フランクフルトマラソンに出た時のように、誰も横入りしたり
、押し合ったりしません。
 「感じがいいな~」と思っていたらもうスタート、僕はGグループなのでス
タートラインを通過するのに15分くらいかかり、人が多いので焦ることなくゆ
っくり走り始めました。
 10キロまでは渋滞だよ! と聞いていましたが、確かに・・・
 でも、前の人を追い抜くのに押し分けて抜くような人は見かけません。
 北海道の2回出たマラソンでは何人も見かけましたし、押しのけられたり・
・・

そして給水地点にくるとまた驚き!
紙コップが殆ど道路に落ちていないのです。
皆さん、水やスポーツドリンクを飲んで ゴミ箱に捨てて走っていくのです。
これも北海道でしたら、道路は紙コップだらけになっています。
飲んでそのまま道路にポイ! とか
ゴミ箱めがけて放り投げて他のランナーに当たるとか、ゴミ箱に入れる人より
も道路に捨てる人のほうが多い感じです。

マナーがいいな~ と嬉しく感じながら完走しました。

ゴールの後に着替える場所でも、観戦者との待ち合わせ場所もとても混み合っ
ていても皆さんゆっくり流れていきます。
 誰も我先に! と言う人は見かけませんでした。

 3年前に始めて10キロマラソンに出て、その時に紙コップのポイ捨てを見て
、何故だろう? と思っていました。
 そして何処でもそうなのか? と思っていましたら、ドイツ フランクフル
トでは違いましたし、東京マラソンでも全く違いました。

 沢山のボランティアの方々のお蔭でマラソンを楽しませていただいているの
ですから、ランナーはマナー良く楽しまなければと思います。
 北海道もいつか同じようにマナー良い大会になるよう願ってます。

----------------------------------------------------

一本取られました! By 藤村

北海道民は冬になると、雪解けが待ち遠しく感じるものなのですが、今年の私
はいつもと違い、雪解けが進むごとに萎えて来ます。
理由はスキーを本格的に始めたからなのです。
去年の今時期に、20余年振りにスキーをしたことにより虜になってしまったの
です。
今年に入ってから週末には必ずスキーへ行くほどの気合いの入れ様、自宅から
10分程度でスキー場が2ヶ所ある為に成し得ることなのです。
そんなスキー中にあったお話。
息子と二人で初めて行ったスキー場で、勾配が急でコブの多い斜面を滑る時に
私は思わず、
『こんな急な場所、滑れるかなぁ・・・』と呟きました。
するとどうでしょう、息子から一言
『降りてみなければ分からないよ!』と私に一喝。
普段私がよく口にする言葉を息子に言われ、気付かされました。
『やる前から諦めるな』
子供に対しては、親の威厳を知らしめるかの様な言動をしていますが、ふとし
たときに私の本質が表れてしまいます。
子供に対してはそういう私の弱いところを隠す、つもりはありません。
無理をすると必ずボロが出るし重荷になるから。
子供の成長を感じさせられることや、子供から教わること、気付かされること
は大抵、屋外で一緒に身体を動かしている時にあります。
今年は屋外での活動(アウトドア)を頻繁に行ない、子供達と目一杯に遊び尽
くそうと思っています。
蛇足ですが、私の趣味はプラモデル作り。
本当はインドアが大好きなのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック