パーツのパルカ 3月10日配信のニュースレター 

またまたランニングの話し  BY清水 

今月に入ってから昨日の9日までに4日で53キロ走りました。
日曜日に始めて20キロを走りきり、夕方は足腰がふにゃふにゃになりましたが
、2日後にはまた走れました。
 走るといってもトレッドミル(ランニングマシーン)を利用していて、まだ
北海道江別市は歩道に雪があるのと、解け始めているので水たまりが多くてま
だ外では走っていません。

 トレッドミルで走ると壁をみて走るだけ・・・・
 音楽は聞いていますが、景色は壁だけ・・・・
 外を走れば景色も移り変わるので色々楽しめます。
「あのBMWのバイクの人よく見るな~ 会社に通勤かな~」
「また捨てられてるゴミが増えたな~」
「今日は北風だから、排気ガスを避けるのに堤防を走るかな~」
「あの人始めて見るランナーだな~」など 沢山楽しめます。

 でも室内で走っていると、壁を見てるだけ・・・・
 だから8キロとか10キロとか走っても長く感じるんです・・・・
 そこで考え出したのが、数値を考えながら走る走法
走るときは距離と時間が分かるようにしていますから、例えば今日は50分
で9キロ走るぞ! って決めたら、走り出してから、9キロを50分で走るための
1キロ辺のラップを計算します。
 そして、目標を達成できるように時速を合わせて走ります。
これはランナーなら誰でもやることだと思いますが、
僕は5分走ると「1/10達成!」10分過ぎると「1/5達成!」
25分経過すると「半分達成!」45分経つと「あと5分だ頑張れ!」
って感じで考えながら走ってます。

 まだこんなにある・・・って思うとキツいので、全体を小さくきざんで 
そのきざんだ一つ一つを達成することを目指していると意外に大きな結果が生
まれるのだと思うのです。

 20キロを休まず走った時も同じでした。
体力も足も16キロ位から辛かったですが、気分を変えるために音楽に集中した
り、小さくきざんだ達成を味わうことで何とか走り抜けました!

これは2月に受けた経営勉強会で教わった内容でもありました。
大きな目標を掲げたら、それを細かく切り分けて、その細かな目標を確実に
達成していけば大きな目標の達成も見えてくる! と言う話です。

 「大きな夢を小さくきざんでコツコツ達成させる!」

仕事にももっと引用したいと思っています。

---------------------------------------------------------------

オフの過ごし方  砂原将哉

皆さんは仕事がお休みの日、どのように過ごされていますか?
私は長く続けている吹奏楽という趣味があります。

小学校から続けている中で感じることや学べることも、その時のその立場、
年齢、取り組む演奏内容などによって、本当に様々です。
つらくても諦めないことを学んだり、先輩後輩という社会の縮図を体験したり
、目くじらを立てて本気で取り組むこともあれば、のんびり楽しむ時期もあり
ます。

演奏する曲も様々で、クラシックな曲もあれば、流行の曲を演奏したりもしま
す。
学生の頃は部活動でしたが社会人になってからはアマチュアの吹奏楽団として
、決まった形の無いなかで、音楽経験の異なる30人以上の人間が集まり一つの
活動を作り上げていきます。

自分ひとりの中だけでも「様々」があるのに、その「様々」が30人以上も集ま
るのですから、その全員が楽しいと思える活動にしていくには苦しい時もあり
ますよね。

でも、そんな時こそ、演奏した直後の爽快感や達成感を想像するようにしてい
ます。
それも、自分が喜ぶ姿ももちろんですが、他の人が喜ぶ笑顔を想像します。
これは私のお人よしな性格からくるものでしょうが、自分勝手な思想に走り暴
走しないための自分なりのコツでもあります。
オフの時間にそんなに疲れなくてもいいじゃないかとも言われ、楽器ばっかり
吹いててもお金にならないぞとも言われてきましたが、何物にも換えられない
貴重なものがあるんですよね。

皆さんはオフをどのようにお過ごしですか?
独りでやる趣味ももちろん素敵ですが、他人と接し作り上げていく趣味、
私のオススメです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック