スズキ アルトのオートマミッションのテストをテスター機「かよ」で行いました。

スズキのアルトの事故車です。

事故によりフロント部分が破損していて走行できる状態ではありません。

走行できなければこのミッションが実際に機能するか分かりません。

ですが当社では全てのミッションをミッションテスター機「かよ」を使い、良否判定を行っています。

画像



なかなかいいボディー色です。 事故により前部分の外装を取り外してあるので

一瞬見ると、前回の日記に書いたミニに見えなくもありません(笑)

画像


後ろ側の写真は、まさにアルトですね。

ボディーがピカピカで綺麗なので、アルミホイールに履き替えたらもっと格好良くみえますね きっと。



この車ですが、ミッションは3速ATのFFです。 テストはまったく問題なし。 いいミッションです。

画像


通常のテストでは、車軸に負荷をかけて実際の走行状態に近い形で行っているのですが 

極力負荷をかけずに少々強めにアクセルを踏み込むと、どうなると思いますか?

公道ではアクセルを強めに踏んで走行すると、いつもよりも高いエンジン回転で変速します。

テスターかよでは、こんな結果になりました。

画像


負荷が少ない状態でアクセルを踏み込んでいるので、車速が急に上がり

1速で22~23km/h辺りまで引っ張ったあとは、2速、3速と連続して一気に変速しているのが

わかります。  負荷が少ないと、各ギアで引っ張るのではなくて変速が短時間で連続して

行われるようですね。

ちょっと意地悪なテストですが、オートマミッションって色々な動作をするので面白いですよ。



ちなみに、グラフの最後の方に変速しているような山があるのですが、これは減速したことによる

シフトダウンになります。

http://s-hokusyo.com/modules/wordpress2/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック